" /> 親娘で「狩り」始めました!<ゲームレビュー>ドーントレスやってみました | ゆるはちブログ

親娘で「狩り」始めました!<ゲームレビュー>ドーントレスやってみました

子ども達はまだまだ夏休みですが、今年もコロナウィルスのせいで遠出や外出は難しい夏休みとなりました。

 

仕方なく「おうち時間」が占める割合も相変わらず高いままということもあり、子どもと一緒に何か楽しめないかと話しをしたところ、娘がオンラインゲームを一緒にしたいとの希望があり、PS4とSwitchでクロスプレイできるゲームをしようという事になりました。
(そこそこ年頃の娘ですが、まだ父親に付き合ってくれます。)

 

色々と調べたところクロスプレイができて楽しそうな「ドーントレス」というゲームを発見、始めることにしました。

 

スポンサーリンク

どんなゲーム?

公式ページをみたところ「マルチプレイヤーアクションRPG」というジャンルのようで、浮遊諸島の島々に生息するベヒモスと呼ばれる生物(怪獣みたいな生き物)を他のプレイヤー達と協力して討伐するという概要になっています。

 

そして今回の必須条件であるクロスプレイもPS、SwitchはもちろんPC、Xboxと4つのプラットフォームで一緒にプレイができます。

 

それに加えてこのゲーム、なんと基本無料でプレイできます!

 

それぞれプレイヤー固有のキャラクターを作成するのですが、キャラクターの見た目はアメリカンコミック調で、日本的な可愛さではありませんが容姿の設定もそこそこ細かく設定できるので、自分のキャラクターには愛着が湧きやすいかもしれません。
(変更できるのは顔と髪型のみなので、身長や体型などは残念ながら変更できません)

 

7種類の武器から自分好みの武器を選び、防具を着て、選択した島へ狩りに出かけるといった流れを繰り返していく形でゲームは進んでいきます。
そして島ごとに生息しているベヒモスの種類や特徴も違うので、それに合わせた装備選びも大切になってきます。

 

肝となるアクション部分も複雑な操作を必要とせず、比較的簡単な操作でプレイできるので、ベヒモスの動きのパターンを観察しつつ隙をついて攻撃して、少しずつ弱らせて倒していくような形になります。

 

課金要素はあるのですが、課金したから強くなるといったことはなく、オシャレな見た目な装備やエモート(様々なジェスチャー)といった要素なので、「課金=強さ」にならず地道にコツコツとプレイすることで装備も揃っていき、キャラクターも強くなっていきます。

プレイしてみて

基本的にはベヒモスを倒して素材を手に入れ、それを使って装備を作り、再び狩りに出かけるの繰り返しなのですが、娘と二人でパーティーを組んでリアルボイスチャット⁉(隣で直接会話しながらプレイしています)であ~だこ~だ言いながら狩りをしていくのは想像以上に楽しく、ついつい1~2時間経ってしまいます。

 

他のプレーヤーの方達と共闘することも多く、フラっと気軽に一緒に狩りが行えるのでオンラインゲーム特有の面倒な感じもなくマルチプレイを楽しめています。

 

ソロプレイでも無言で自然に共闘できるので、オンラインはちょっとコミュニケーションが苦手…という方にもお勧めです。(ステージによっては少し面倒なステージもあります。)

 

私の場合、いつもプレイする際は、娘と二人で一緒に行動しているのですが、私のキャラクターが髭モジャでモヒカン、顔にランボーのようなペイントをしているせいか、私には一切フレンド申請が送られてこず、娘のキャラクターにばかりフレンド申請が送られているのは解せませんが、ほぼ毎日プレイしている状態です。

 

ボチボチとゆるく楽しんでいるので効率的なプレイではありませんが、コロナ禍で思い出らしい思い出も作れないこの夏の親娘の思い出になればと思っております。

 

……と格好つけた感じで書いてしまいましたが、娘がいない時にもこっそり一人でプレイして装備の素材を集めたりしているのは内緒にしている、ゆるはちでした。

コメント