" /> 周りが見えてくる⁉自然に顔が上がるようになる低学年向け練習メニュー3選 | ゆるはちブログ

周りが見えてくる⁉自然に顔が上がるようになる低学年向け練習メニュー3選

サッカーにおいて周囲の状況が見えていることは非常に大きな意味をもちます。

 

味方と相手の状況が見えているということは、プレーの選択肢も広がるということです。

 

ここでは小学校低学年世代が楽しみながら、周囲をみる習慣がつく練習メニュー3選をご紹介していきます。

 

※小学校低学年の基本的な特徴についてはこちらをご覧ください。
仲間を感じながらサッカーしよう!低学年向けチームプレーを意識する練習メニュー3選

 

スポンサーリンク

顔が上がる習慣がつく練習メニュー3選

ミラードリブル

ミラードリブル

2人1組となり、1人はボールを持って、もう1人はボールを持たずに正対する。
それぞれの前後左右にマーカーを置き、ボールを持った方はボールを持たない方が動いた方向に動く。
ドリブルで動く際は、体は正面方向を向けたままボールをコントロールする。
一度動いたら真ん中に戻るようにルール設定を行う。

 

よけて運んで

よけて運んで

2チームに分かれて行い、スタートの合図で赤チームは反対側のリングにドリブルでボールを運ぶ。
青チームはボールを転がして赤チームの邪魔をする。赤チームはボールに当たったり、自分のボールが遠くに離れたら、初めからやり直しする。
両チームで全部のボールを運び終えるまでの時間を競う。
足でのドリブルが難しい場合は、最初は手で行い慣れてから足でのドリブルに移行する。

 

 危険なエリアを駆け抜けろ

危険なエリアを駆け抜けろ

真ん中のエリアに鬼役を設定し、他の選手は鬼に触られないように反対側へドリブルで移動する。
接触が危険な場合は、腰からタグやビブスをしっぽのようにぶら下げ、取られたらアウトにする。
鬼役の人数が少なくなるように設定し、なるべく全員が成功体験を重ねる。
最初は手でのドリブル等でスタートすると良い。
 

まとめ

楽しみながら顔が上がる練習メニューを紹介してきましたが、もう一つ大事なポイントはドリブルするの姿勢です。

 

猫背になって背中が丸くならないように、真っすぐ姿勢よくドリブルすると自然に遠くへ視線が向くことを分かりやすい言葉で伝えるといいかと思います。(その時に関節視野でボールが見れることも伝えることも忘れずに)

 

メッシやC・ロナウド、アザール、イニエスタなど有名選手はドリブルしている時の姿勢が非常に美しいと思います。

 

姿勢が良いから、相手もよく見え余裕を持ったプレーが可能となるのでしょう。

 

小学校低学年では楽しく遊びの要素いっぱいの中で、自然と姿勢よくボールをコントロールすることが身についていくのが理想です。

 

そして周りを見ると何が得なのかということも、しっかりと子ども達が理解できるように、上手く手助けできると良いですね。

コメント